張り切りすぎると大変!?研修での立ち回り方

研修は新入社員の登竜門

入社後必ずと言いていいほどあるのが新人研修で、企業によって期間はまちまちですが大体半年程度でしょう。零細企業の場合は新入社員が一人なんてこともありますが、中小企業や大企業の場合は数人いるのが普通の光景ではないでしょうか。同じスタートラインに立った者同士仲良く研修を受ける人もいれば一歩でも前に出ようと張り切る人もいますよね。張り切るのはいいことですが、必ずしも自分のためとは限らないことがあるのです。

自分の性格をある程度知っておく

同期よりいい印象を与えようと我先になんでもやろうとする人がいますが、これは後自分の首を絞めることになりかねません。入社前にオリエンテーションや説明会があると思うのでその時点でどんな会社でどのような仕事内容なのかある程度は把握していますよね。ある低ぼ自分でプランを作らないと我先に行動しても思考が追い付かなかったり、研修作業が雑になってしまいがちです。上司に要領がいいように見せる努力が結果的に要領が悪いと見られている可能性もあるのです。

研修中はおとなしかったのに・・・

研修が終わりそれぞれの業務についてしばらくたったころ、思い通りにいかず悩んでいると、研修中におとなしくあまり前に出てこなかった動機がいい成績を上げていることがよくあります。これは意図的に前に出ていなかった可能性があり、自信はないが要領がいい人によく見られることです。研修中はとにかく勉強することが大事でよく見られることは二の次でいいのです。研修が終わってようやく一人立ちするころ、見てくれに気を使ってばかりいる人は遅れをとってしまうのです。

社員研修は受講社員の能力向上が目的です。しかし座学ばかりだと高い効果は期待できないです。なので実技内容を組み込んでモチベーションを高める必要があります。