ecサイトの基本的な知識および利点と課題

ecサイトの意味について

ecと言いますのはエレクトロニックコマース一言でいうと電子商取引ということを意味します。電子商取引については、インターネットを通しての商品の売買ということなので、ecサイトにつきましては、インターネットの通信販売を営んでいるウェブサイトということを指します。 スーパーマーケットやデパートといったウェブサイトは言うまでもなく該当しますが、本屋などのウェブサイトについても該当します。広い範囲が含まれます。

ecサイト活用の利点と問題

ecサイトを有効に活用する最も大きい利点は、家にいるにもかかわらずショッピングが可能という点です。販売ページを閲覧して取扱い商品をリサーチし、クレジットカードなどを活用することで代金を払い、宅急便で受け取るまで、家から外にでなくて構わないのです。 しかしながら、現実の上で販売品を手にできないので思い描いていた印象と実物との隔たりができること、あるいはネットを経由してカード決済をするのでプライバシー情報の漏えいの危険性、さらに配達の損傷といった問題もあります。

ecサイトの構築と発展

これまでのecサイトは、会社から消費者への流ればかりが作られてきましたが、コンビニの新規参入が積極的になってきて、受け取るポイントが家のみならずコンビニの店も選択可能です。ネットと店が融合しています。 そして、ecサイト開設の時には、投入できる予算によっていろいろな手法があります。ASPサービス、さらに既存パッケージそして、オリジナルショップと予定している予算にマッチするように構築することができます。これから一層発展するビジネスといえます。

ecサイト構築とは、ネット上で商品販売から電子決済までを処理する販売方法で、モール型と自社サイト型に分類されます。