これからどうなる?ウェブ制作の未来について

ウェブ制作の辛いところ

ウェブ制作って、覚えることが多くて大変ですよね。HTMLはもちろん、CSSやJavascriptを駆使しないと、現代的なページの制作はほぼ不可能、と言っても過言ではありません。でもそうやって技術が分散していると、どうしても役割が被ったり、一つのことをやるにも色々な方法があって、管理が難しくなるんですよね。例えば「このエフェクト、スクリプトでやったほうが良いのかな、それともCSSでやったほうが良いのかな」なんてことは良くあります。

ウェブ制作の新しい流れ

とにかくウェブページの一つ一つの要素を作るのが、複雑かつ面倒になってきた流れを受けて、現在はウェブ要素のコンポーネント化(ウェブ・コンポーネント)という新しい考え方が始まっています。HTMLやCSSだけでなく、Javascriptまでも一つのコンポーネントの中にまとめてしまって、再利用できるようにしよう!という試みです。成功すれば、数行のコードを足すだけでモダンなビデオプレイヤーが設置できたり、格好いいスライダーが設置できたり、と期待は膨らみますね。

現実的な課題について

さて、生産性を大いに上げてくれそうなウェブ・コンポーネントですが、各ブラウザの対応に関しては進捗が捗々しくありません。そもそも仕様も、しょっちゅう変わっていますし、ウェブ・コンポーネントを実現させるためのShadow-DOMという技術については、対応しているブラウザが、まだ一つしかありません。Shadow-DOMが使えると、他のウェブ要素と設定が衝突しない、独立したHTMLやCSSの表示環境が作れるのですが、逆に言えばこれがないと、コンポーネント化はまだまだ難しい、というのが現状ですね。

web制作は、企業の集客にとってとても大事なものです。なぜなら、webページは多くの人に見られるので、優れたwebページの制作は、それだけで多大な宣伝効果があるのです。