ツールを使うかサービスを使うか?ネットワーク監視あるある

基本的なシステムと手段

ネットワーク監視というのは、ネットワークやコンピュータを定期的に監視することです。主にコンピュータなどの機能低下、ネットワーク障害、セキュリティホールの察知などに行います。システムそのものをネットワーク監視と呼ぶこともあり、企業によってそのシステムは様々です。また近年ではツールが進化していたり、ネットワーク監視自体をサービスとして展開している業者も存在します。ツールの多くは手軽に使えるのがポイントですね。

ツールを選ぶ際のポイント

ネットワーク監視ツールは非常に数が多いため、選ぶの際には比較項目を作り、目的に合ったツールを選びましょう。コンピュータを利用するユーザーのチェックができたり、ネットワークの負荷を分かりやすく表示できるツールもあるなど利便性には違いがあります。機能性の多さと費用が必ずしも一致するわけではないので、リサーチして得られるメリットは多いですよ。社内コンピュータのセキュリティとも相談して、どれが良いのか判断しましょう。

サービスを利用するメリット

コンピュータやネットワークの保守、運営、管理には手間が必要ですが、ネットワーク監視を業者に任せることができれば、その手間を省くことができます。ネットワークを通じて監視するサービスが一般的で、障害や問題が発生した際には管理者に通知される仕組みです。ネットワーク監視のサービスにはコストがかかりますが、手間を省けるメリットは会社によって大きなものとなるでしょう。ツールと比較して検討することをお勧めします。

フロー監視はネットワークの利用状況を監視するものになっているのでいつでも負荷を迅速に把握することできます。